ブンゴ196話【最新話】ネタバレと感想!

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているのブンゴ(BUNGO)の最新話である196話の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊ヤングジャンプはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

前回のネタバレはこちら。

ブンゴ195話【最新話】ネタバレと感想!

2019.07.25

ブンゴ196話(最新話)ネタバレ

皆浦意地の内野安打!5回裏富士ヶ丘の攻撃は一死一塁「これで河村まで回る!」ゲッツーにならなければ河村まで繋げる状態に。

次のバッターは碓井、豪快なスイングでライト前へ落ち、連打で続く!「和隆の打席の9割は三振か飛球系、ゲッツーはほぼ無い」皆浦の努力は最高の結果になった。

一方「瑛太の厳密な投球は技術の高い打者の方が相性がいい」鮎川の投球は碓井のようなあまり考えず振り回してくるタイプは苦手だった。

一死走者一・二塁!富士ヶ丘シニア逆転の大好機!ここで迎えるバッターは河村、西浦が呼びに行く。

裏でトレーニングをしていた河村は「僕まで回ってくるとは思わなかったよ。でもまあ・・・丁度いいや」「すぐ行くよ・・・!」この試合、地力に勝る静央が有利だが、2つの条件が揃えば富士ヶ丘が勝つ。

1つは河村の前の走者が出ること、もう1つは河村と勝負してくれることだ。

河村の第3打席は走者を2人置いて迎える。

4番に西浦が控えている為敬遠はない必ず勝負にでるはず、この2つの条件は完全に整っていた。

そしてバッターボックスに河村が立ち、歓声が上がる。

「恥ずかしいよ」本当はバスケがしたかった河村、1番になれない理由で辞めてしまった。ただ野球はたいした努力もせず1番になれるからと選んだ。「こんな方法をとるしかないなんて・・・」「僕は本当に負け犬だよ」そう言い、誰も見たことがない前傾姿勢の構えをする。

鮎川は闘志を燃やしていた「俺の野球に対する情熱のその全ての源はいつの間にか」文吾の方へ向く「石浜文吾!」文吾は未到の地へ辿り着くと鮎川は悟っていた。

だが・・・「河村を倒して俺も征く!」鮎川は投げ始める!「誰も踏み入る事のない俺がけの境地へ!」

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

ブンゴ196話(最新話)感想

皆浦に続き碓井の安打で、一・二塁が埋まってしまうとは!

彼らの猛攻は止まりませんね。

鮎川の苦手とする打撃が続きますが、はたして勝てるのか、次回が気になります!

河村の誰も見たことがない構えからどんな打撃が繰り出されるのかも必見です!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているのブンゴ(BUNGO)の最新話である196話の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2019.07.14

今の時代は単行本よりも電子書籍サービスを使って読む人が急増しているので、この機会にあなたも試してみてはどうですか??

スマホ・タブレットの中に漫画が入る感じなので荷物にもならず場所もとらないので非常にオススメですよ♪

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です