ゴールデンカムイ207話【最新話】のネタバレと感想!

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているゴールデンカムイの最新話である207話の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊ヤングジャンプはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

前回のネタバレはこちら。

ゴールデンカムイ206話【最新話】のネタバレと感想!

2019.07.18

ゴールデンカムイ207話【最新話】ネタバレ

登別、入れ墨を手に入れた有古と菊田は鶴見と合流する。

「まさか按摩のふりをして我々の動きを探っていたとは、この皮の持ち主は足した度胸だ」と鶴見は言った。

菊田はその入れ墨の模様に対して有古は気になることがあると伝え、有古は話した「祖母たちの腕に彫っていた入れ墨と似ているので、なにか暗号と関連があるかもと・・・」かつてアイヌ女性が口や腕に墨を入れたのは美的要素のひとつであり成熟のしるしであった。

地域によっては大正時代まで入れ墨の風習は残っていた記録がある。

鶴見は床一面に刺青人皮を並べた。「それにしても有古、よくぞ雪崩の中から死体を見つけ出したな」鶴見は褒め、更に続けた「一枚でも欠けたら金塊は永遠に誰にも見つからない可能性があると思うと、ひやりとする話だな」困惑する有古。

そこからアイヌの入れ墨と関連性はあるのかと菊田は聞いた。「腕に彫る入れ墨は形に地域差があるので、それが隠し場所を示しているのではと思ったのですが、現状ではわかりません。」有古は話したが、鶴見は面白い意見だと受け取った。

報告を終え有古と菊田は外へ。菊田は月を見ながら「有古・・・月は同じだな」「月だけはあの時と変わらない」と言ったが、有古は何も言わなかった。翌日の夜、突然窓が割れ人が雪の上に落ちる。

銃口を向けられ逃げる有古だった。「どこだッ」叫ぶ有古の元に死んだはずの都丹庵士が駆け寄る。

「盗ってきたか!」「全部盗ってきた」有古は刺青人皮を盗んできたのだ。追われる二人は奥へと逃げる。

「血の匂いがひどいな、ここからまだ先は長いが大丈夫なのか?」都丹は有古は心配したが大丈夫だと答えた。

数時間前、旅館の中を歩く有古。そこで箱を見つけ中を見ると、見覚えのあるマキリがあった。

驚く有古の背後から人影が「苫小牧の殺害現場で遺品を回収したのは鶴見中尉だ、お前は知らなかっただろう?」「のっぺら坊に殺されたアイヌの7人…その中にお前の親父がいたことまで調べはついている」銃口を向けながら姿を現す菊田「残念だよ、お前はあの塹壕から見えた月を忘れちまったんだな」焦る有古。そこへ鶴見が現れ「有古が持ってきた刺青人皮は盲目の囚人、都丹庵士のものではない」「我々がすでに都丹庵士の刺青の内容を把握していたことまでは土方歳三も知らなかったようだな?」嘘を見抜かれたことに恐怖する有古。

突然、有古の手に宇佐美が噛み付きてきた。更に顔面を殴られ「もう戻れないぞ、お前は最悪の道を選んだ」

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

ゴールデンカムイ207話【最新話】感想

有古が裏切り都丹庵士が生存しているとは驚きの展開です。

そして有古の嘘を見抜いた鶴見は抜け目がありません。

有古達は無事逃げ切れるのでしょうか。次回が楽しみです。

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているゴールデンカムイの最新話である207話の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2019.07.14

今の時代は単行本よりも電子書籍サービスを使って読む人が急増しているので、この機会にあなたも試してみてはどうですか??

スマホ・タブレットの中に漫画が入る感じなので荷物にもならず場所もとらないので非常にオススメですよ♪

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です